ダイエットの継続力を高める現実的ポジティブ思考とは

コツケン
コツケン

こんにちは、ダイエットモチベーターのコツケンです!

とつぜんですが、
ダイエットや筋トレを継続する上で、ネガティブ思考とポジティブ思考、

どちらが良いと思いますか??


これは考える間もなく

ポジティブですよね?


ですが

ダイエットなんて私にかかれば余裕余裕!ヌルゲーでしょ!!

というような考え方は、逆に継続を妨げることになります。



このようにポジティブの中にも種類があり、
それは非現実的なポジティブ思考か、
現実的ポジティブ思考かに大きく分けられます。


じゃあどのようなポジティブ思考が継続力を強化できるのか。

それを今回は解説していきます。

この記事を読むメリット
ダイエットや筋トレだけではなく、仕事やプライベートにも活かせる、継続力を強化するポジティブ思考の作り方が理解できます!

スポンサーリンク

ダイエットに最も重要なこと

目的に合った正しい運動や、正しい食事制限はもちろんのことですが、

それ以上に重要なのは、継続することです。

失敗する方の多くは継続するということがうまく出来ていない場合が多いです。

多くの研究にて、どれだけいい食事法を長期的に行い、体重が落ちたとしても、食事法が終了したらしばらくすると元に戻ってしまった。と報告されています。


つまり、効果を出していく、もしくは維持するためには継続し、生活に落とし込む。いわゆる習慣化が非常に重要です。

朝や夜にお風呂に入ったり、歯を磨いたりするのがめんどくさい人はそんなにいませんよね。

なぜかというと、習慣化しているからです。


ダイエットの最たる目標は、理想の体型を健康的に作る、もしくは維持するために継続し、習慣化することにあります。


その継続する力の育てる養分となるのが、ポジティブ・シンキングです

ポジティブシンキングとは

皆さんご存知だとは思いますが、詳しく意味を調べると

積極思考(せっきょくしこう、: positive thinking ポジティブ・シンキング)

なんでも前向きに物事を考えればそれは実現し、人生はうまくいく、という考え方[1]、物事の良い面を見ようと努め、ポジティブな姿勢を保ち、「思考そのもの」を変えることで現実を変えることを目指す思考法である。ポジティブな思考はポジティブな現実を、ネガティブな思考はネガティブな現実をもたらすとされる。

Wikipediaより引用

とされています。

要するに、嫌なことを考えずに前を向いて行きましょう!そうすれば明るい未来が待ってます!!という思考ですね。

これを見ると、先程の例に上げた、

ダイエットなんて私にかかれば余裕余裕!ヌルゲーでしょ!!

という考え方もポイティブシンキングであり問題ないように思えますが、実はそうではありません。

ポイティブシンキングの中にも実は2種類あります。それは

1.非現実的ポジティブシンキング
2.現実的ポジティブシンキング

です。

この2つは心理学的にも大きな違いがあります。

たとえば、非現実的ポジティブシンキングを行っていた人と、現実的ポジティブシンキングを行っていた人で、ダイエットの効果を見た研究では、
非現実的ポジティブシンキングの人はほぼ痩せていなかったのに対し、
現実的ポジティブシンキングの人は平均13kgもの減量に成功した。

と報告されています。

このことから同じポジティブシンキングでも、現実的か、非現実的で大きく効果が変わることがわかります。


以下にそれぞれの特徴について解説していきます。

非現実的ポジティブシンキング

これは、ポジティブに考えていればそれだけで物事がうまくいくというふうに考えており、自分に都合の悪いことやネガティブなことは怒らない、と思っている思考です。

筋トレを例にあげれば

筋肉を肥大させるために必要な道筋は過酷なものであるはずなのに、そこには目を向けず、

筋トレなんて余裕だ!おれなら絶対ムキムキになれる!!

とだけ思っているような状態です。


これはいわゆる盲信(わけもわからず信じ込むこと)です。


ネガティブよりは継続出来るでしょうが、この思考だと、目的の達成に必要なハードルにぶち当たった際に、「こんなの聞いてないよ!」となり超えられなかったり、やめてしまったりしやすくなってしまいます。

現実的ポジティブシンキング

非現実的ポジティブシンキングとは対象的に、

目標の達成は容易でないことを理解した上で、自分なら必ず出来る、やりきれる。というような思考です。


また筋トレで例えると

筋肥大をするのに必要な要素である

・負荷
(筋肉が動かなくなるぐらいまで追い込んだ状態「オールアウト」を3セット
・頻度
(週2~4回以上)
・栄養
(体重×2g程度のたんぱく質摂取)

これらの基準をしっかりと理解した上で、

筋肉を大きくするためにはこのぐらいの負荷、頻度、栄養を気にしなきゃいけない。それは決して簡単な道ではないけど、自分なら絶対にやりきれる!

というふうな考え方です。

このような思考を持っていると、たとえ高いハードルにぶち当たったとしても想定内であり、そのハードルを自分なら超えられると思って最初から行動をしているので、挫折する可能性はグッと減ります。

現実的ポジティブシンキングの育て方

現実的ポジティブシンキングはハードルの高さを最初からリサーチした上で、自分なら出来ると信じる思考です。


なので、前提として、目標達成の現実(ハードル)を知る。ということから始める必要があります。

これは正しい知識のリサーチが重要です。


リサーチしてハードルの高さを知った上で、ポジティブシンキングを意識し、自分ならこのハードルを超えられると信じましょう。

この思考の流れを日常的に行うことで、現実的ポジティブシンキングを思考の習慣とすることができ、やりきる力、継続力が向上し、ダイエットの継続に大きく近づくことが出来ます。

ダイエット継続サポートでは

このような現実的ポジティブシンキングを癖付けるための目標設定方法等を用いており、あなたのダイエットの継続をサポートするということを目的としています。


かなり低単価でのご提供となっています。

もし、現実的ポジティブシンキングが大事だとはわかったけど、結局自分だけでは続けられない…

と思う方がいらっしゃれば、お気軽にDM等でご相談おまちしております。

あなたの継続したダイエットを全力でサポートします ダイエット×継続論!もう続かないなんて言わせません!!




まとめ

継続を育てるのには、ポジティブシンキングが良いのは間違いありません。

ですが、盲信に似た、非現実的ポジティブシンキングではあまり効果は出にくいです。

しっかりと目標を達成するまでのハードルを知った上で

現実的なポジティブシンキングが出来るように癖をつけることで、ダイエットも筋トレも成功に導くことが出来ます。

習慣的に現実的ポジティブシンキングで物事を考えるようにし、思考の癖をつけましょう!

そうすれば、必ず、ダイエットや筋トレもうまくいきますよ!



それでは、コツケンでした。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました