ダイエットを始めるなら朝活しよう!朝活習慣化6つのコツ

コツケン
コツケン

こんにちは、ダイエットモチベーターのコツケンです!

朝活には様々なメリットがあります。

それは、集中力の高まりやすい朝に、自分のやりたいことを集中的に出来る。というところにあります。

実際に成功者の方は朝に知的作業や運動を行っている場合が多いとも言われています。



ですが

何回か挑戦したけど、結局続いた試しがない…きっと私には朝活は向いてないんだ…

と諦めている方も多いのではないでしょうか。


諦める必要はありません。なぜなら朝活は正しくやれば誰でも必ず習慣化出来るためです。

そしてそれはどう起きるかを考えるのではなく、起きれる思考を作ることが最も重要です。



僕は以前まで朝活なんて全くできたことがなく。それどころかいつも学校や仕事のギリギリまで寝ていていつも急いで準備をするという生活スタイルでした。

しかし、朝活を習慣化するにあたって6つの鍵を意識して行うことで、今ではアラームなしでも4時半ごろには目が覚めてしまうまでになりました。

朝活が習慣化した今思うことは、本当に人生変わります

そしてその朝活を習慣化する、コツというのが存在します。それは

コツ1.朝活の具体的な目標を決める
コツ2.朝活のメリットを知る
コツ3.自分の目標と朝活のメリットを照らし合わせる
コツ4.朝活を阻害する要因を考え対処する
コツ5.毎晩宣言をする
コツ6.定期的に成果を確認する

です。

これを実行することで僕は実際に朝活を習慣化することができました。

今回はこの6つのコツについて深掘りしていきます。

本記事を見るメリット
今まで朝活が続かなかった人も、どうすれば習慣化することが出来るのかが理解出来、朝活の習慣化に近づくことが出来ます。

スポンサーリンク

そもそもなぜ朝活が続かないか

まずはじめに、なぜそもそも朝活が続かないのかを解説していきます。

理由は様々あるかと思います。

「眠いから」「朝弱いから」「夜が遅いから」

これらは実は本質ではありません。これらに共通していること、それは

習慣から逸脱した行動だから です。

本来であれば、夜12時とか1時に寝るのだって体や心には負担なはずですよね。ですが、夜更かしの方は特にストレスに感じないと思います。
それは夜ふかしが習慣化しているからです。

人はいつもの習慣からのギャップに対してストレスを感じます。

そのため、朝7時に起きるという習慣の人が朝活を始めようと5時に起きると、その普段とのギャップにストレスを感じ、モチベーションが低下し続かない、そもそも起きれない。ということになります。

じゃあどうすれば続くのか、それはストレスを上回るモチベーションを維持し続けることが、朝活の成功ー失敗を左右します。

朝活を習慣化するためのがやるべき6つのコツ

6つのコツとは、朝活という普段の生活からのギャップ。つまりストレスを上回るモチベーションを得るための方法になります。

そのコツを一つずつ説明していきます。

コツ1.朝活の具体的な目標を定める

ゴールの見えない行動にモチベーションを保ち続けるのは不可能です。

どこまでやったら良いかわからないけど勉強させられる、給料出るかもわからない仕事を続ける、ゴールがどこかわからないけど走らされる。

想像するだけでもげんなりしますよね。

ですが、朝活を始める方というのはこの状態のまま始めてしまいがちです。

それだと

今日は眠たいからいいや…

というふうに考えてしまい、なかなか起きることが出来ず、最終的にやめてしまう。ということになります。

なので、まずは目標を設定することから始める必要があります。

最終的に習慣化してしまえば目標が見えなくとも継続できるようになりますが、最初ほどしっかりと目標を定めて目標への距離を測ることが重要です。

具体的な目標設定のコツや手順に関しては、以前の記事にて解説していますのでそちらをご参照ください。

例.実際の目標設定

僕が朝活を始める際に実際にこんな形で目標を設定しました。

(量的目標) 体重9kg減少
内訳:体脂肪率9%↓骨格筋量1kg↑
(質的目標) グアムで腹筋見せびらかす
(期間) 4ヶ月
(スモールステップ) 2週間体重1.5kg↓骨格筋量0.2~0.3kg↑

これにより常に朝活を頑張ることによる未来を思い描くことが出来、その目標との距離を測ることが出来るのでモチベーションを保ち続けることが出来ました。

コツ2.朝活のメリットを知る

人間は現金な生き物なので何事も、自分にとってのメリットがわからなければやる気が起きませんよね。

そのため、最初にしっかりと朝活を行うことによるメリットを調べておくことが重要です。

こちらの記事は各活動別にメリットが解説されているのでわかりやすいです。

例.朝に運動するメリット

・高強度の運動をすることでEPOC(Excess Post-exercise Oxygen Consumption:運動後過剰酸素摂取量)が生じ、その後の24~72時間の間エネルギー消費量があがるため痩せやすい体の代謝状態のまま生活できる。
・朝は血中の糖分量が少ない状態であるため、脂肪の分解によるエネルギー供給が生じやすい
・仕事が終わったらすぐ休める

などなどが挙げられます。

コツ3.自分の目標と朝活のメリットを照らし合わせる

いくら目標が定まって朝活によるメリットを知ったとしても、目標を達成するのに朝活じゃなくても効果が同じ。という潜在意識があると

眠いから夜やればいいや…

とついつい別の時間に後回しにしてしまいがちです。

自分の目標が朝活でこそ達成されやすくなる、というふうに照らし合わせることで朝活の重要性が自分の中で高まり、実行に繋がります。

例.ダイエットの目標と朝活のメリット

    目標          メリット
体脂肪を落としたい⇔EPOCが起き、血中の糖質量少ないため脂肪燃焼しやすい

というふうな照らし合わせを行い、朝活でないとだめな理由。というのを潜在意識に埋め込みました。

コツ4.朝活により起きそうな障害を予測しておく

どうしても、予期せぬ障害が起きた時に

これはやっぱりムリだ…

と心がくじけてしまいます。

ですがそんな障害も、あらかじめ起こるであろうと想定しておき、対処方法を考えておくことで心がくじけるリスクを減らすことが出来ます。

例.予測し得た障害と対処

・慣れない生活リズムで、夕方に眠くなってしまう→エナジードリングや強刺激のミンティアなどをを準備しておく。
・アラームを止めてしまい逆に寝坊してしまう→アラームを複数設定しておく
僕はこれらの想定で、障害が起きてもどんと構えることが出来ました。

コツ5.毎晩宣言をする

家族やパートナー、友達、SNS。誰でもいいのですが、夜寝る前に毎日宣言します。

人は誰しも自分の発言に正しくいたい。と思う性質がありますので、それを理由します。

具体的にはif then Planningを応用した宣言をするとより行動に結びつきやすいです。

if then Planningとは

もし〇〇したら△△する。というようにやるべき行動とイベントを関連付けることで、行動を起こしやすくするものです。

詳細は以前の記事で解説していますのでそちらをご参照ください。

例.if then Planningを応用した宣言

毎晩奥さんに

・もし朝起きれなかったらトイレ掃除、風呂掃除を1ヶ月間毎日やる
・朝起きたら、まずコーヒーを飲む
・コーヒーを飲んだら筋トレする
・筋トレをしたらHIITをする

こんな形で宣言しておりました。

幸い、毎日トイレ掃除・風呂掃除ペナルティーが発生することはありませんでした。

コツ6.定期的に成果を確認する

最初に設定した目標やスモールステップに対して、今自分がどのぐらい近づいているのか、どのぐらい前の自分より進めたのか。

ということを定期的に確認することで意識的に成功体験を得るようにします。


そうすることでモチベーションが適時充電され、朝活の習慣化が強化します。

例.2週間で1.5kg体重を落とす

1.8kgの減量に成功した!しかも体脂肪率は2%減って、筋肉量は200g増えた!うれしい!!!

今日も頑張ろう!!というふうに成功体験を得られる事ができます。

まとめ

以上の6つのコツを意識し、徹底することで、朝活を楽しく習慣化していくことが出来ます。

朝活によるメリットは計り知れないものがありますので、是非本記事を参考にして、みなさんの理想のライフスタイルを実現するお手伝いになれたら幸せです!

コツケンはもちろん毎日朝活実施中です!
ダイエットサポートでは朝活を習慣化したい方には
それに合わせたサポートもさせていただきますので
ぜひ参考にしてみてください!

あなたのダイエットの継続を全力でサポートします ダイエット×継続心理学!もう続かないなんて言わせません。

それでは、コツケンでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました