【ダイエット成功の素】自己肯定感を高めるたった3つの行動【読書・自分史・リスト化だけ!】

こんにちは、コツケンです。

「自分にはどうせ無理だ」

「こんな自分がどうしても嫌い」

「何やったって変われるわけがない」

このようにご自分を否定してしまう思考習慣をお持ちの方は自己肯定感が低く、自己否定感が高い状態と言えます。

自己肯定感は人生を楽しんだり、ダイエットなど、自分を変える行動を成功させたりするのにとても重要な要素です。

自己肯定感の高い・低いは様々なことに影響します。

僕自身、もともとは決して自己肯定感の高い人間とは言えませんでしたが、3つの習慣の実践により自己肯定感を高めることが出来、仕事やプライベート、そして人生が楽しくなりました。

今回は、自己肯定感が低いと感じる方が、自己肯定感を高めるためにやってほしい3つの習慣を解説します。

この記事を読むメリット

・自己肯定感を高める方法がわかる

・自己肯定感を高めるきっかけになる

・自己肯定感が高まることで人生が楽しくなる

あなたの継続したダイエットを全力でサポートします ダイエット×継続論!もう続かないなんて言わせません!!

スポンサーリンク

自己肯定感とは

もともとは心理学の分野で使われていた言葉であり、

自分の可能性を信じ、自分は出来るんだという自信をもち、自己を肯定的に認識すること

とされています。

自信や成長思考、しなやかマインドセットなどに関連すると言えます。



反対に自己否定感は

自分の可能性を信じることが出来ず、自分はできないと思ってしまい、自己を否定的に認識すること

といえます。

自分に自信をもち、信じることが出来るか。

自分を否定しがちか。

どちらの気持ちが普段強いかで自己肯定感、自己否定感どちらに自分が寄っているのかを考えることが出来ます。

自己肯定感はいつできる?

自己肯定感はどちらかといえば後天的、つまり生まれてから大人になるまでの経験により形成されると言われています。

じゃあもう変えられないんじゃないの…?

と、思われるかもしれませんが、後天的だからこそ、後から自己肯定感は高められることが研究により明らかになっています。

日本人は自己肯定感が低い

日本人は自己肯定感が低いと言われています。

それは日々の生活でももちろん感じることではありますが、国が行った調査からも明らかになっていることです。

自分に対する満足感や自分には長所があると認識している気持ちは、他の国に比べてかなり低いことが示されています。

日本人は、子どもの頃から「あの子はできているのに」「テストで良い点をとりなさい」「迷惑をかけないようにしなさい」「相手の気持ちを考えて行動しなさい」と教わって育っています。

このように、他者と比較しながらも、それでいて謙遜や社会に溶け込むための協調性を持つことを強いられる中で、周りからよく見られようとしたり、それでも思ったように認められず自信を無くしたりしてしまいます。

そうしている間に自己肯定感はどんどん下がっていき、「自分はなんてどうせ…」という自己否定感が強くなっていくという悪循環におちいります。

日本人は謙虚・謙遜・協調性が高いがゆえに自己肯定感が低下しやすいといえます。

つまり、自分で自己肯定感を上げる習慣プラスアルファで持っているということがこの国で人生を楽しく生きるためにはとても重要なことです。

自己肯定感が低いと起こるリスク

自己肯定感の低さは

・人生の満足感

・経済状況

・精神疾患のリスク増加

・認知症のリスク増加

・自殺率の増加

に関連するとされています。

反対に、良い影響は全く報告されていません。

このことからも自己肯定感を高めることは、これらのリスクから自分を守ることにもつながると考えることができます。

自己肯定感を高めるたった3つの行動

自己肯定感を高めることで仕事やプライベート、つまり人生の見方が変わり、精神的な安定を得ることが出来ます。

自己肯定感を高めるには

1.【読書】自分を変えられるという事実を知る

2.【自分史】過去の自分を見直し成功体験を呼び覚ます

3.【リスト化】これから起こる成功体験を認識する

この3つを得ることが重要です。

下記に自己肯定感を高めるために行ってほしい3つの行動を解説します。

1.【読書】自分を変えられるという事実を知る

自己肯定感の低い方は、どうしても自分は変わることが出来ない。という思考に陥りやすいです。

しかし、人間は誰でも変わることが出来ることが研究レベルで明らかになっています。

そして、人は誰でも変われる!という事実をまずは知ることが自己肯定感を上げる大きな一歩になります。

そしてその変われるという事実を知るためには、読書が最も有効です。

いわゆる自己啓発本ですが、抵抗感のある人もいらっしゃるかと思います。

ですが、なかには長年の研究に基づき書かれているものもあり、それはもはや一般向けの論文と得ます。

そして読書は

自分は変われない。と思ってしまっている人に僕自身が今のような活動を始めるきっかけとなった本である

「マインドセット やれば出来るの研究」

をおすすめしたいです。

マインドセット やれば出来るの研究

僕自身、頭が硬い人間ですので、根拠となる研究等がないものは斜に構えて読んでしまい、あまり信用できないのですが…

こちらの「マインドセット」の著者であるキャロル S ドゥエック教授は「人はやればできるんだ」という事実を20年以上にわたり研究しています。

そしてその事実やノウハウ、実例を余すことなく解説しています。

まずは人が変われる。という事実を本から吸収し、自分を変えるきっかけを作り出しましょう。

2.【自分史】過去の自分を見直し成功体験を呼び覚ます

人は誰でも必ず人生のどこかでたくさんの成功を収めています。

ですが、ネガティブな失敗体験に埋もれてしまい、成功体験というのは忘れてしまいやすいというのが人間の性です。

過去の失敗ばかりが頭をよぎって「自分はだめだ」と落ち込んでしまっている方は、意識的に自分のこれまでの人生を振り返り、成功体験を掘り起こす必要があります。

その方法としておすすめなのが

やってきた自分史を作ることです。

やってきた自分史

やってきたこと自分史を作ることで、今まで自分が継続していたことや、成功したこと、やりきったことを視覚化でき成功体験を改めて思い出すことができます。

特に過去に継続していたものや、現在も継続できているものに焦点を当ててみると良いでしょう。

本当になんでも良いので、幼稚園・小学校・高校…と。あくまで前向きに思い返してみてください。


コツは、成功であればどれだけ些細なものでも書き出してみる。ということです。

例)コツケンの自分史

幼稚園

・スイミングや料理教室に嫌がりながらも週に2~3回通う

・年長さんのときに友達が自転車に乗れるようになったのを知り、雨の日も風の日も自転車の練習に打ち込み習得する。

小学校

・毎年雪が降ると小さい体で大きな雪の塊を運んで実家の庭に砦をつくりみんなを招待

・小学校4年生からサッカーをはじめ、毎日練習に通い、家でも壁に向かってボールを蹴る。

・NARUTO激闘忍者大戦にハマり毎日ひたすら練習。友達に負けないようになる

中学校

・サッカー部に入りユニフォームがもらえず試合に出られなくても毎日練習に励む

・部活しながら毎日寝る間も惜しんでゲーム(ドラクエやFF)を継続する。

・中学校3年生時点で目標の2つ下のランクの高校を先生に進められ、悔しさで勉強に励み、なんとか目標の1つ下のランクの高校に入学する。※目標の高校は無理でした(笑)

高校生

・中学校同様サッカー部に入り試合に出られなくても毎日練習に励む

・おしゃれになりたい欲が芽生え、日々流行りの服などをリサーチする。

・日々ネットサーフィンし安く、おしゃれな服を探す。(実際おしゃれであったかどうかはおいといて…)

専門学校生

・勉強しながら友達と寝る間も惜しんでお酒を飲む。

・それでもなんとか学校に毎日通う。

・1年生では成績が下位だったのに、実習を終え学年1位になる

社会人

・疑問はそのままにせず常に調べるのをこれまでずっと続けている。

・働きながら研究を続け、今では指導を任される


僕はこれを行うことで

コツケン
コツケン

いろいろ成功してるじゃん!もしかしたら出来るかも…

と後ろ向きな気持ちから復活することが出来ました。

3.【リスト化】これから起こる成功体験を認識する

過去の成功体験を思い出すことができ、少しでも「自分もしかしたらできるかも…」

と思えれば、次はこれから起こる新たな成功体験をしっかりと拾い上げて、忘れないようにする習慣を身に着けましょう。

その習慣を身につけるために有用なのが、

変われたことリスト

を日々つける習慣です。

変われたことリストの効果として

・成功体験に気づきやすくなる。

・成功体験が視覚化され積み上がっていく

・アウトプットすることで成功体験を忘れにくくなる

この3点が挙げられます。

成功体験は気づかないだけで生活のあちこちに転がっています。

きれいな部屋では、きれいな家具よりも落ちているゴミに目がいってしまいやすいように成功体験よりもネガティブな失敗体験ばかりに目が行ってしまいます。

しかし、ゴミが落ちている部屋でも、「きれいなところを探そう」と意識するとゴミだけではなくきれいな部分に目が行くようになります。

同じように変われたことリストをつける。と日々意識して生活することで潜在意識として成功体験や、自分の成長を探そうとします。

そして小さな成功体験により昨日より変われている自分を認識することができれば、自然と自己肯定感は上がっていきます。

例)変われたことリスト

・初めて外に出て走ることが出来た

・1週間前より3分連続で走れる時間が伸びた

・カロリー計算の方法がわかった。

・食べたい。と思ったけど我慢することが出来た

・1kg痩せることが出来た

・朝少し目覚めが良くなった

リスト化する習慣が身につくと

コツケン
コツケン

昨日よりも自分はちゃんと変われてる!!!

と変われている自分を実感することが出来、段々と成功体験が積み重ねられ、自己肯定感が上がっていきます。

自己肯定感を高めて人生を変えよう

自己肯定感は人生の充実度を左右する大きな要素です。

そして自己肯定感の高い・低いは決して最初から決められているものではなく、考え方や行動次第でいくらでも変えることができます。

大事なのは、人は変われる。自分は出来る。という事実を知ることです。

その上で過去・現在・未来の成功体験をしっかりと認識し自分の中に積み上げる。

それができれば必ず人生は好転し、ダイエットをはじめとする、自分を変えるための行動の成功率は大きく上がります。

今回の記事が「自分なんてどうせ…」と悩む人の手助けになれれば幸せです。

それでは、コツケンでした。



▼▼stand.FMで音声配信中!100投稿突破!是非フォローお願いします▼▼

ダイエット継続学|ダイエットを頑張る人の背中を押すラジオ

▼▼ブログで紹介しているようなダイエットを楽しく継続するためのメソッドにより、ダイエットを全力サポートします!▼▼

あなたの継続したダイエットを全力でサポートします ダイエット×継続論!もう続かないなんて言わせません!!

▼▼パーソナルジムの口コミ比較サイト【GYME】で安心ジム選び▼▼

▼▼どうしてもダイエット中に甘いお菓子が食べたい人へ▼▼

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました