28歳男性がダイエット遺伝子検査をやってみた結果、衝撃の事実が…

コツケン
コツケン

こんにちは。ダイエットモチベーターのコツケンです!

ダイエット遺伝子検査ご存知ですか??

ぼくはつい一ヶ月前ダイエットDNA検査のことを知り、知れば知るほど

「こりゃあいいものだ!」

と思いこちらの記事を書きました。↓

ダイエットを始める前にDNAを見る時代【遺伝子検査5つのメリット】

やったほうがいいに決まってる!
と思い記事も書いた手前、自分自信やらないというのはナンセンスですので、実際に購入しました。

それから一ヶ月。結果が到着。

結果を見てみると、なんと衝撃の事実が…

それは

超絶肥満リスクが高いということ


内なる<br>コツケン
内なる
コツケン

やっと10kgやせたのに…


これには驚きました。

確かに1年前はぽっちゃりしていましたが、まさかこんなにもリスクが高いとは…

ただ同時にやってみたからこそわかったこともあるので
やっておいてよかったな。と心から思いました。

今回は結果の共有と、それを踏まえて
「やっぱり全員やったほうがいいな」
と思った理由を解説していきます。

この記事を見るメリット
・遺伝子検査がどんなものかわかる
・リアルな他の人の結果を知れる
・どんなことがわかるのかが理解できる
・それをダイエットにどう活かせるかわかる

スポンサーリンク

遺伝子検査とは

遺伝子=DNAです。

そもそもDNAって何?

怪しいものじゃないの…??

という方のために簡単に説明いたしますと

僕らの体がどのように形作られているのか、
それを記している設計図のようなものです。

DNAがあるからこそ生き物はそれぞれ同じような
体の作りになっていきます。

同じ人間であれば、大きくDNAの構造は変わらないのですが、
多少の違いはあります。

そしてそれが体質や個性になるのです。

つまり、遺伝子を細かく分析することで、
どんな体質でどんな人間なのかが
わかってしまうということになります。

良く「肥満は遺伝だ」「病気は遺伝だ」といいますが、
それにはこの設計図であるDNAに
そうやって記されているということを意味するのです。

昔はそうやすやすとDNA検査なんて出来るようなものでは
ありませんでしたが、
今は遺伝子検査の技術がどんどん発達しており、
民間の企業でも比較的簡単に分析できるようになってきているため、
僕のような一般庶民にもお買い求めしやすい
お値段
での利用が可能となってきています。

DNA検査をやったほうがいい理由

僕はDNA検査をやる前から

「これは全人類がやったほうがいい」

と周りにいいふらしていました←

「やる前になにがわかるんだ!」

と思われるかもしれません。

ですが考えてみてください。

自分がどれだけ糖尿病や高血圧をはじめとする
生活習慣病になりやすく、
どんな食事や運動が適しているのか。
それがわかるというのは、

ゲームで言うと攻略本を手に入れるようなものです。

人生における健康の攻略法が
たった1万円で手に入れられると考えたら安いものですよね。

さらに、体型や代謝は歳をとって変わるとしても、
根本のDNAは変わりません。

つまり、1度やってしまえばその情報から新たに変わることはないのです。

ゲームと違って人生は1度きり。

それなら5千円ぐらいサクッとはらって
攻略本を手に入れたほうが絶対にいいいはずですよね?

今回購入したDNA検査キット

購入したのはこちらの遺伝子博士さんの
「ダイエット遺伝子検査キット」です。

こちらを購入した理由としては

✓口コミが多い
✓結果がダイエットアプリと連動するアフターサービス
✓一番はコスパが高い
✓分析パターンが多い

という点で決めました。


他のダイエット遺伝子はおおむね一個6000~1万円のものが多い。

遺伝子博士さんのものも6300円と相場内ではありますが、

2つセットで買うと
なんと9800円。

つまり一つ当たり4900円で購入可能なんです。

DNA検査の価格帯からしたらかなり安いといえます。

また、結果のパターンも非常に多く、
個人に合わせた特徴がわかると言うことも大きな魅力の一つです。

検査方法

DNAっていうぐらいだから難しいのでは…?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、方法はとても簡単。

まずはAmazonでポチって、到着を待ちます。

そして3~4日で到着したら箱の中に入っている綿棒で

・口の中をこすって
・ケースにいれて
・ポストに投函するだけ。

他にやる作業といえば
アプリをダウンロードしたり、
封筒にチェックつけたりするぐらいのものです。

そこまでやったら後はひたすら1ヶ月待つのみ。

簡単ですよね?

イメージ的には髪の毛を一束切らなきゃいけないとか

血液を入れなきゃいけないとか、

ちょっとバイオレンスなものを想像していたりしましたが
方法はとても簡単・安全で安心しました。

コツケンの結果は…?

ぼくの結果に興味のある方はそう多くないかとは思いますが、

こんな感じなんだな!

となんとなくの雰囲気はわかると思うので結果を載せておきます。

冒頭でお伝えしたとおり結果は散々

どういうことかといいますと

遺伝子的に
太りやすくて
筋肉がつきにくい体質でした。

遺伝子博士のなかのタイプ別分類で言うところ、
ぼくはパンダタイプとのことです。


内なる<br>コツケン
内なる
コツケン

筋肉質って言われること多いんだけど…

あくまでDNAなので、今の体型がパンダじゃないのであれば
それはDNAにあった生活が出来ているということとのこと。

ぼくは今の所パンダとは言われたことがないので、
大きく間違った生活はしていないといえるでしょう。

ただそれが歳を取るなどして崩れたときには
「太りやすい」ということがよくわかりました。

3つの遺伝子からみた代謝リスク

遺伝子博士は

節約遺伝子と呼ばれる

β3AR、β2AR、UCP1

という3つのDNAをチェックすることで体質をチェックします。

具体的には

・β3ARは糖質を溜め込みやすいかどうか

・β2ARは脂質を溜め込みやすいかどうか

・UCP1はたんぱく質を溜め込みやすいかどうか

なぜ節約遺伝子と呼ばれているかというと、

この遺伝子が多かったり少なかったり、形が変だったりすることで

それらの栄養素をエネルギーとして使うのを節約し

体脂肪として貯めこみやすくなる

ことがわかっているためです。




ぼくはβ3AR、β2ARが多くて糖質と脂質を脂肪としてためやすく

UCP1が少ないのでたんぱく質が貯められにくく筋肉がつきにくい

という最悪の結果。

あまり例を見ない結果なのではないでしょうか?

最初は全員こういう結果になるんじゃないのですが

とも思ったのか口コミなどを見るとそうでもない様子。

どうやら本当にリスクが高いみたいです。

ちなみにこの節約遺伝子的に見ると
日本人の4人に1人はに見ると

なにかしらの太りやすいリスクを
背負っていると言われています。

細かい結果もわかる

僕は今回の結果から

糖質や脂質がとっても溜め込みやすいので

それらを特に制限する必要があり、

たんぱく質はしっかり摂らなきゃいけない。

ということをレクチャーされました。

また、運動に関しても

現状で筋肉があるならそこまで筋トレはしなくていいけど、
消費カロリーを増やさないとすぐ体脂肪がつくため、
有酸素運動は習慣的に行うべき

とのことです。

お言葉ですが、すでにやっていますけどね!←


ただ、たしかに結婚してから
美味しいご飯をたくさん毎日食べて、
お酒も飲んで、
運動は全然しないという生活をしていたら

1年で10kg近く太ったという過去もありますので、

きっとこれは間違いないんでしょう。


そこからダイエットして1年でもとに戻しましたが、
気を抜いてはいけないということがよくわかりました。

え?ぼくのこと知ってるの?と思うような助言も

アドバイスの中に

「顔や腕には肉はつきにくいですが下半身全般と下っ腹には付きやすい」

とありました。

これには、

「えっ?!どっからみてんの???」

と1人でつぶやいてしまったほど一致しています。

確かに生まれてこの方、
どれだけやせていても下っ腹の肉と足の肉は落ちたことがありません。

そんなこともわかるなんて遺伝子検査はさすがと言わざるを得ませんね。

疑問に思ったこと

ただひとつだけ疑問に思ったことがありました。

それは、一緒に検査をした奥さんも

パンダタイプだったということ。

これは偶然なのか作為的なのか…?

ただ節約遺伝子をもった日本人は4人に1人だったり、
遺伝子検査と行ってもそこまで精密なものではないので、
ある程度結果がパターン化されていることを考えると
まぁ、おかしくはないのかな。とは思います。

実際細かい中身は違いまして、

糖質の代謝リスク、脂質の代謝リスク、たんぱく質の代謝リスク

それぞれ

標準・やや高い・高い

の3段階で表されるのですが、

奥さんは全部「やや高い」でした。


そしてその下のアドバイスも細かく違う結果だったので、ある程度人に合わせた結果ではあるのだと思います。


心理学の言葉で占いなどで用いられる心理テクニックとして

誰にでも当てはまるようなことでも、それっぽく言われると

「なんで知ってるの?!」と見破られたような気持ちになってしまう

バーナム効果なんてものがあったりしますが、

それを踏まえても気が引き締まりましたし、遺伝子を元に語られているので

信頼性はかなりあります。




実際リスクが少ないという結果になった人の口コミもありました。

リスクが少ないとアドバイスが希薄になるみたいです。

ですが、それって僕からしたら羨ましいですけどね…



これを踏まえるとちゃんとDNAを見てるんだな。

と思うことが出来ます。

結論。DNA検査は全員やるべき!

トータルで考えると、ぼくの結果は散々でしたが、
やっぱり全員もれなく人生で一回はやるべきであると思いました。

現在進行系で太ってしまっている方や、

今はやせてるけど長い目でみて体型を維持していきたい方は
特にやるべきでしょう。

なぜなら、何年たっても変わらない
DNAレベルでの自分の特徴を知ることで、
今後の生活に対する姿勢が変わります。

「糖質は太りやすいから制限しよう」

というよりも

DNA検査をやった上で

「自分は糖質がDNAレベルで代謝されにくい体質だから制限しよう」

というほうが根拠にあふれていて
行動に直結しやすそうですよね。

おそらくぼくは10年後も20年後も

自分は代謝が落ちてきたら太りやすい

という意識もって今後の人生を歩んでいくはずなので

以前の僕よりも将来肥満になるリスクは減ったはずです。

ダイエットをする前にDNA検査をする時代!

安価でDNA検査を簡単に受けられるようになった今の時代。

もはやダイエットをする前にDNA検査をするのは当たり前と言えます。

「まだDNA検査やってないの?」

「だから太るんだよ」

と言われてしまう前にDNA検査をサクッと行なって

ダイエットや体型維持の攻略法をDNAから教えてもらいましょう!

この記事がDNA検査ってどうなの?という方の手助けになれれば幸せです。

それでは、コツケンでした!


今回使用した遺伝子検査はこちら↓

【お得な2個セット】
【体質に適したダイエットをサポート!】肥満遺伝子検査キット/遺伝子博士ダイエットお得な2個セット

【1個セット】
【体質に適したダイエットをサポート!】肥満遺伝子検査キット/遺伝子博士ダイエット

コメント

タイトルとURLをコピーしました